誰でもできるバイナリーオプションの攻略方法

By: Hianna .

初心者でも取引ができるバイナリーオプションですが、利益を上げるなら攻略を身に着けなければいけません。本気でお金を稼ぎたい人たちがバイナリーオプションに手を出しているはずですので、どんなに初心者といっても稼ぐことができる手法を身に着けるべきです。ただ取引をしていくことで身についていくのもバイナリーオプションです。誰でもできる攻略法があるとするなら、まずは自分で行ってみることが大切です。自分で稼ぐ手法を身に着けることに欠かせない方法です。

ただいきなりお金を掛けることに抵抗を感じるでしょう。そんなときはバイナリーオプション業者が提供するデモを利用して体験することができます。実際の為替を表していますので、波を感じやすく、お金を掛けずに取引を実感できますので、まず最初にデモで体験することをおすすめします。デモであっても収益が上がる金額まで表示できますので、かなり本格的な取引になります。お金を掛けていないだけでありリスクは少なく、取引の感覚を自分に染み込ませるために欠かせない攻略になりますので、体験することをおすすめします。

為替を知らない初心者でもできる攻略法としては、値が変動した時に逆に掛ける方法も良いです。値と言うのは急激な変動を見せたときに、必ずといっていいほど反発します。そのときに1分ほどのトレードで逆に掛けることで収益を上げることが可能です。たとえば急激に下がった時に、上がると予想することで利益にできます。ただどこまで落ちるのかわからないのもデメリットであり、世界情勢が不安定であったり、海外の統計指数が出たときは予測がつかないほど変動することがありますので、大きな金額で書けないことをおすすめします。

株やFXのように大きな金額でなくても、取引できるのがバイナリーオプションで。少額取引もでき、攻略は自分の体感に基づいて行うことができる手軽さも秘めています。ただ日本の業者であると不都合なこともありますので、海外業者をおすすめします。”

バイナリーオプションの仕組みはどうなっている

By: velacreations

バイナリーオプションとは、和訳すると二者択一という意味です。要は上がるか下がるかという仕組みです。普通の取引では、確かに上がると思えば買い、下がると思えば売るという意味では二者択一の要素もありますが、いくら上がったら売るとか、いくら下がったら買うというように、値動きの幅も大きな要素ですから、全体的に見ると決して二者択一ではありません。様々な判断の入る余地があります。それだけに難しく、また日々の値動きも見ていないと厳しい面もあります。

このような取引の難しさ、複雑さを、できるだけ簡単なものにできないかという意味で作られた仕組みがバイナリーオプションです。先にも書きましたが、取引の際に考えるべきこととしても、また結果的にも、要素は二つだけです。上がるのか、下がるのかだけです。より具体的な仕組みとしては、まずは自分の決めた金額を支払い、それとともに相場が上がるかの下がるのかを選択します。そして、結果がどうなるかです。自分の予想通りの値動きになれば、元の金額はほぼ2倍になって返ってきます。一方で自分の予想と反した値動きになれば、元の金額はゼロになります。1円も返ってきません。

非常のシンプルな仕組みです。だいたい、確率的に約1/2の予想をして、当たれば約2倍に、外れればゼロになるというわけです。このようにシンプルな仕組みのバイナリーオプションですが、注意するべき点もありますので挙げておきます。

まず、1回1回の清算になるということです。普通の取引では、たとえ買った後で意に反して値下がりしたとしても、そこで売ってしまって損失を確定することを避け、そのまま持ち続けて値上がりを待つ、といったことができます。しかし、バイナリーオプションではそういうことはできません。予想どおりの値動きかどうか、1回ごとの清算です。また、既に説明してきたとおり、いきなり倍になったりゼロになったりするわけで、典型的なハイリスクハイリターンの取引であるということを理解する必要があります。

FXにも疲れてきたのでバイナリーオプションを

By: www.cruise-dover.co.uk

FXをしていたのですが、利益は出ていたもののポジションを持つとずっと相場が気になって仕方がなく、少し疲れてしまいました。利益が出ていると行っても生活ができるほど稼いでるわけでもありませんでしたから、ストレスを考えると本当に意味があるのだろうかと感じる程度でした。損をしているわけではありませんから、やめるにやめることができなかったのですがもう少し楽にならないかなと思っていた時に、バイナリーオプションなら相場に張り付いていなくても良さそうなので試してみる価値はあるかなと思い始めてみることにしたのです。

結局のところFXで大変なのは利食いのポイントと損切りのポイントを自分で決めなければならないということで、常に色々な事を考えなければなりませんから、そこが大変です。しかし、バイナリーオプションであればポジションを持った後は判定時刻までそのままでもいいわけですから、ずっと楽なものでした。もちろん、実際には相場の状況によって早めにポジションを解消して利食いをしたり損切りをしたりするわけですが、それでもあらかじめポジションを持った時点で決意は決まっているだけに取引はしやすかったのです。

同じ為替を扱うにしてもFXと勝手の違う部分がありますから、最初の方は結構苦戦をしたのですが慣れてくると段々とFXの経験を活かすことができるようになってきました。とりあえず、値幅は大して重要ではありませんから値動きの予測に徹して、取引をするようにすると少しずつ成績が上がっていったのです。

損失が出るにしてもあらかじめポジションを持った時点で最大損失がわかっているので気が楽で、そのような面ではFXではできない思い切った取引ができました。その一方で外れたらゼロになってしまうという緊張感もありましたから、適度に真面目に取引をすることができたのでそれが成績を残すことができた決め手になっているのではないかなとバイナリーオプションをしてみて感じました。

わたしのFXでの最初の利益確定の体験談を聞いてください

By: Massimiliano De Filippis

私は9年前からFXをしています。なんとかして、働かずに生活したいと思ったからです。ですからちょっとした小遣い稼ぎとはわけが違います。絶対に負けるわけにはいきません。それでまずは3か月くらい、じっくりとFXについて勉強しました。スワップ狙いでいくのか、それともデイトレーダーになるのか検討しました。もちろんスワップだと生活するのは難しいのでデイトレーダーです。FX会社選びも大切です。どのFX会社がいいのか、扱っている通貨は何か、システムなどもFX会社によって違うので、いくつか試しに使ってみて自分にあったものを絞り込んでいきました。

このようにしっかりと準備をしてから、口座を開設しいざ開始です。当時私が最初に目を付けたのが、スイスフランでした。準備期間の時から値動きを見ていると、1か月程度非常に狭い範囲で値動きを繰り返しているのです。一日で2円程度の動きなのですが、その範囲の中で安いときに買って、高いときに売るを何度も繰り返せば、多くの利益を出すことができます。

当時は専門家の意見として、これから確実にどんどん円高方向に向かうということが確実視されていました。ですから、わたしは念のためスイスフランが高値の時にポジションをとって、安くなったらポジションを閉じるという作戦にでました。ところがどうでしょう。わたしがポジションをとったその日から、それまでの1か月とは値動きに変化が見られました。どんどん円安方向に値が動いてしまうのです。初心者のわたしはまだ損切りなんてことができません。

50銭くらい値が上がるごとにまたポジションをとっていってしまったのです。数日後には含み損が20万円を超えてしまいました。この苦しい状況の中で、なんと1台しかないパソコンが壊れてしまったのです。仕方なく二日ほど、値動きを確認jせずにいました。でも我慢できずにネットカフェに行ってチェックしてみると、なんと円高方向に値が大きく動いて、含み損が0円になるどころが、ちょっとプラスになっています。わたしはすぐにすべてのポジションを閉じ利益を確定しました。1500円の利益です。これがわたしのFX初の利益確定の体験談です。

世界経済の行方とこれからのFX(ドル円)での投資法について

By: IvanWalsh.com

現在、一番FXでオードソックスな通貨であるドル円は120円台前半をうろついています。このドル円相場、これからどう変わっていくでしょうか。1ヶ月先の相場は誰にも分かりません。しかし1年、2年先の相場はある程度予測する事が出来ます。FXに限らずどんな投資も数年先を予測して上手く投資する事が大切です。なのでこれからのドル円相場を予測してみましょう。

今一番ドル円相場に取って予測不可能かつ、大きな影響を与えそうなのはアメリカでのトランプ旋風です。実業家ドナルド・トランプ氏が共和党の大統領候補に立候補したさいただの泡沫候補扱いされていましたが、彼が過激発言や差別発言を連呼すれば連呼するほど支持率が伸び、今や共和党員の3分の1以上が彼を支持しています。

半年前彼はまったく相手にされていませんでしたが、今は共和党の大統領候補になるかもしれない情勢です。彼が共和党の大統領候補になれたとしても大統領にはなれないと大勢の人は見ていますが、これはひょっとするとひょっとするかもしれません。

そうなるとどうなるか、結論から言うと大幅な円高ドル安になると私は見ています。このトランプ氏は強いアメリカを何度も、しつこいくらいに唱えていますので、通貨安競争を仕掛けて大々的に輸出を増やそうとしてくるでしょう。そうなれば大幅な円高ドル安に触れてきます。

トランプが大統領にならなかったら2016年の年末のドル円相場は今とそんなに変わらないか、130円くらいになっているでしょうが、もしトランプ大統領になっていたら1ドル100円くらいになっているかもしれません。まだ選挙情勢が流動的なので投資するのは早いですが、トランプが大統領になる、あるいはなってもおかしくない情勢になればドル円ショートで勝負を仕掛けるべきでしょう。

もちろんドル円の相場はアメリカ大統領選挙だけで動くものではありませんが、非常に大きな影響を与えることも事実です。(事実日本で安部内閣が成立しただけで大きく相場が動きました)ドル円で中、長期の投資をするならトランプ大統領の可能性だけは常に頭に入れておいたほうがいいでしょう。

海外の会社は全額が補填されるかどうかを確認する

By: Dean Hochman

FXへの会社は、たまにネガティブな状況に陥る場合があります。というのも経営状況が、必ずしも安定しているとは限らないからです。そもそも金融会社は、たまに大きな損失が生じる事はあるのですね。例えば今年の冬なども、ヨーロッパの外貨に関わる大きな動きが発生していました。それである金融会社に対して、大きな損失が生じてしまった訳ですね。それが原因で、会社の債務が大幅に悪化しているケースも見られます。

ところで困ってしまうのは、そのような状況の時にお金を預けているユーザーの方々です。自分がお金を預けている業者が倒産をしてしまえば、果たして肝心の資産が戻ってくるか否かという問題が浮上するからです。基本的に日本の金融会社では、資産の大部分は戻ってくると考えて良いでしょう。例えばある金融会社に対して、3,000万円の資金を預けているとします。それで残念ながら、その金融会社が倒産をしてしまったとします。そのような場合は、たいていの日本の業者では3,000万円は戻ってくる訳ですね。いわゆる全額の信託保全という用語が、使われる事が多いです。

ところで数ある金融会社の中には、日本ではない国々が運営している所も見られます。いわゆる海外の会社ですね。そのようなタイプの会社の場合は、前述の保全のシステムなどはよく確認する方が良いでしょう。例えばある会社の場合は、前述のような事例で全額戻ってくるシステムにはなっていません。その会社では、預けた金額の一部のみが戻ってくるシステムなのですね。つまり数百万円だけが、補填されるシステムになります。

海外の会社の場合は、このように保全金額が一部のみになっているケースが、案外と多く見られるのです。そして海外のFXの会社でも、やはり倒産をしてしまう可能性はあるのですね。その際に全てのお金が戻ってくるかどうかは非常に大切なポイントなのですから、やはり口座を作る前段階にて、全額なのか否かは確認しておく方が無難でしょう。特にスワップを狙って売買をする事を考えている方にとっては、それは大切なポイントですね。