海外の会社は全額が補填されるかどうかを確認する

By: Dean Hochman

FXへの会社は、たまにネガティブな状況に陥る場合があります。というのも経営状況が、必ずしも安定しているとは限らないからです。そもそも金融会社は、たまに大きな損失が生じる事はあるのですね。例えば今年の冬なども、ヨーロッパの外貨に関わる大きな動きが発生していました。それである金融会社に対して、大きな損失が生じてしまった訳ですね。それが原因で、会社の債務が大幅に悪化しているケースも見られます。

ところで困ってしまうのは、そのような状況の時にお金を預けているユーザーの方々です。自分がお金を預けている業者が倒産をしてしまえば、果たして肝心の資産が戻ってくるか否かという問題が浮上するからです。基本的に日本の金融会社では、資産の大部分は戻ってくると考えて良いでしょう。例えばある金融会社に対して、3,000万円の資金を預けているとします。それで残念ながら、その金融会社が倒産をしてしまったとします。そのような場合は、たいていの日本の業者では3,000万円は戻ってくる訳ですね。いわゆる全額の信託保全という用語が、使われる事が多いです。

ところで数ある金融会社の中には、日本ではない国々が運営している所も見られます。いわゆる海外の会社ですね。そのようなタイプの会社の場合は、前述の保全のシステムなどはよく確認する方が良いでしょう。例えばある会社の場合は、前述のような事例で全額戻ってくるシステムにはなっていません。その会社では、預けた金額の一部のみが戻ってくるシステムなのですね。つまり数百万円だけが、補填されるシステムになります。

海外の会社の場合は、このように保全金額が一部のみになっているケースが、案外と多く見られるのです。そして海外のFXの会社でも、やはり倒産をしてしまう可能性はあるのですね。その際に全てのお金が戻ってくるかどうかは非常に大切なポイントなのですから、やはり口座を作る前段階にて、全額なのか否かは確認しておく方が無難でしょう。特にスワップを狙って売買をする事を考えている方にとっては、それは大切なポイントですね。